調剤薬局の運営、調剤支援システム「けやきくん」の自社開発と運用、不動在庫管理などを行っています。

previous

next

よくあるご質問


医薬分業 医薬分業とは・・・?
医薬分業 医薬分業とは、病気になり医師の診断をうけた際に、病院・診療所で薬をもらう代わりに”
処方せん”をもらい、その処方せんに基づいて街の保険薬局で薬を調整(調剤)してもらう方式のことを言います。
処方せんには、薬の種類、使い方が書いてあり、薬剤師が、あなたの体質や今まで服用した薬の状況などの
記録(薬歴)を基に、書かれている薬の量や飲み合わせ等を確認のうえ調剤します。
そして、薬をわたす際に、薬の正しい服用方法、留意点などについて、わかりやすくあなたに説明(服薬指導)
することにより、より一層安全に薬を服用できることを目指しています。
このように医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、協力しあうことでよりよい医療の提供を図ります。
厚生省においても、医療分業の推進に積極的に取り組んでいます。

処方せん 薬を扱う店ならどこでも、処方せんを調剤してもらえますか・・・?
処方せん 薬局であればどこでも調剤します。
ただし、「保険薬局」でないと保険は適用されませんので、「保険薬局」の表示がある薬局に行ってください。
保険薬局

かかりつけ薬局 どんな薬局を選べばよいのでしょうか。・・・?
かかりつけ薬局 薬局は自由にお選びいただいて結構ですが、お住まいの近くに「かかりつけ薬局」を決めていただくと
便利でしょう。日本薬剤師会では、「基準薬局」制度を推進しておりますので、これらを「かかりつけ薬局」
としてご利用ください。

基準薬局 「基準薬局」制度って何ですか。・・・?
基準薬局 地域の皆様に薬のことを安心して任せていただける薬局を拡充整備していくため、
日本薬剤師会では「基準薬局」制度を作りました。
この制度は責任を持って処方せんを調剤すること、患者さんの薬歴カードを作成すること等、
皆様のためになる薬局業務を積極的に行う薬局を薬剤師会が「基準薬局」として認定するものです。
「基準薬局」には、「基準薬局」の標識が提示されています。

かかりつけ薬局 「かかりつけ薬局」のメリットは何ですか・・・?
かかりつけ薬局 @あなたの体質やお使いになる薬などを薬歴カードとして記録していますから、
 複数の医師から処方された薬や大衆薬などが重複して使用されたり、
 あるいは飲み合わせが悪くならないよう「あなたの薬」に関して総合的に把握しています。
A「薬の正しい選びかた」「薬の正しい使い方」「薬の正しい保管のしかた」などについても
 お気軽にご相談いただけます。
B大衆薬をお求めにこられたときでも、医師の診察・検査などが必要と判断されるときは
 医師への受診をお勧めします。
Cあなたの処方せんがすぐに調剤できない場合でも、後ほど調剤した薬をお届けするなど、
 とても便利な薬局です。

紙薬歴 弊社で作成した紙薬歴の店舗向けの薬歴索引帳印刷プログラムはどこで入手できますか・・・?
薬歴索引帳 @三菱レセコンからの患者情報(テキストファイル)読込に限定しています。
A動作するためには、Microsoft Access2000 SR-1(ランタイムでも可)以降の環境が必要です。
Bダウンロードの方法
 ダウンロードファイル(rese_list.zip)をクリックして任意のフォルダに保存して下さい。
 保存したファイルを解凍すると rese_list.mde が生成されます。これを起動することになります。
C操作の仕方
 三菱レセコンからテキストファイル(MTOL02102.txt)をUSBメモリ等に出力します。
 薬歴索引帳印刷プログラムを起動します。
 USBメモリ等から、テキストファイル(MTOL02102.txt)を読み込みます。
 印刷ボタンで全件印刷されます。
 プレビューボタンで印刷イメージが表示されます。
 患者カナ名、漢字名、生年月日、患者IDを3列68行で 204人/ページ(A4縦)になります。
 患者カナ名順に印刷されます。
かかりつけ薬局