調剤薬局の運営、調剤支援システム「けやきくん」の自社開発と運用、不動在庫管理などを行っています。

previous

next

調剤支援システム「けやきくん」の更新履歴

Ver.2.17Ver.2.16Ver.2.15
Ver.2.14Ver.2.13Ver.2.12Ver.2.11Ver.2.10Ver.2.09Ver.2.08
Ver.2.07Ver.2.06Ver.2.05Ver.2.04Ver.2.03Ver.2.02Ver.2.01
Ver.2.00Ver.1.99Ver.1.98Ver.1.97Ver.1.96Ver.1.95Ver.1.94
Ver.1.93Ver.1.92Ver.1.91Ver.1.90Ver.1.89Ver.1.88Ver.1.87
Ver.1.86Ver.1.85Ver.1.84Ver.1.83Ver.1.82Ver.1.81Ver.1.80
Ver.1.79Ver.1.78Ver.1.77Ver.1.76Ver.1.75Ver.1.74Ver.1.73
Ver.1.72Ver.1.71Ver.1.70Ver.1.69Ver.1.68Ver.1.67Ver.1.66
Ver.1.65Ver.1.64Ver.1.63Ver.1.62Ver.1.61Ver.1.60Ver.1.59
Ver.1.58Ver.1.57Ver.1.56Ver.1.55Ver.1.54Ver.1.53Ver.1.52
Ver.1.51Ver.1.50Ver.1.49Ver.1.48Ver.1.47Ver.1.46Ver.1.45
Ver.1.44Ver.1.43Ver.1.42Ver.1.41Ver.1.40Ver.1.39Ver.1.37
Ver.1.65Ver.1.36Ver.1.35Ver.1.34Ver.1.33Ver.1.32Ver.1.31
Ver.1.30Ver.1.29Ver.1.28Ver.1.27Ver.1.26Ver.1.25Ver.1.24
Ver.1.23Ver.1.22Ver.1.21Ver.1.20Ver.1.19Ver.1.18Ver.1.17
Ver.1.16Ver.1.15Ver.1.14Ver.1.13Ver.1.12Ver.1.11Ver.1.10
Ver.1.09Ver.1.08Ver.1.07Ver.1.06Ver.1.05Ver.1.04Ver.1.03
Ver.1.02Ver.1.01

更新履歴内容


Ver.2.17   更新日:2018.4.20

【在庫確認表の改善】
1.棚卸月のEXCEL出力時に実在庫金額の端数計算を棚卸し時の計算に合わせた。

【棚卸し処理の改善】
1.棚卸し原票EXCEL読込で上書き指示の際、有効データが無い場合に中止するようにした。

【バラ入出庫処理の改善】
1.店舗間移動で薬価・納入価格がゼロの薬もネット送受信できるようにした。
2.バラ入出庫明細EXCEL名称に集計期間を入れるようにした。
3.分割販売領収書に納品書と同様に合計欄を追加した。
4.ファンクションキーで印刷指示時に伝票形式で出力されるように修正した。

【秤量鑑査処理のシグマレセコン接続時改善】
1.患者選択後に処理済みの背景色表示を追加した。
2.患者選択画面から、注文・検品呼び出しができるようにした。


Ver.2.16   更新日:2018.3.24

【在庫確認表の改善】
1.厚生省コードに対応する薬品名を告示名称に変更した。
2.計算在庫にない薬が棚卸時に在庫になった場合も一覧に出力できるようにした。

【棚卸処理の改善】
1.棚卸し入力用EXCEL登録で、棚卸数がゼロの行は取り込まないようにした。

【薬局開設許可番号の改善】
1.システムテーブルに薬局開設許可番号のフィールドを追加した。
2.システム設定画面から薬局開設許可番号を設定できるようにした。
3.小分け販売依頼書からも薬局開設許可番号を設定できるようにした。
4.分割販売明細書からも薬局開設許可番号を設定できるようにした。

【EXCELファイル名の改善】
1.バラ入出庫集計表のEXCEL名に集計期間を自動的に付加するようにした。
2.不動在庫表のEXCEL名に当日日付を自動的に付加するようにした。


Ver.2.15   更新日:2018.3.8

【在庫確認表の改善】
1.レセコンからの個別医薬品コード(YJコード)に対応する厚生省コードが複数存在する為
 マッチングがうまくいかず、正しく集計されなかった。
 マスタの更新年月日の最新JANコードの厚生省コードに決める事で
 マッチング誤差を少なくした。
2.棚卸月に計算された在庫数(従来の在庫数)とその右側に実在庫数をEXCELに出力
 するようにした。
 前回棚卸〜集計された計算在庫と今回棚卸した実数との比較ができるようになった。


Ver.2.14   更新日:2018.2.24

【分割販売明細書の更新】
1.1ページ目に分割販売明細書(控え)を印刷するようにした。
2.2ページ目に領収書、納品書を印刷するようにした。


Ver.2.13   更新日:2018.2.18

【小分け販売依頼書の更新】
1.薬品名の印刷時に長い名称の場合に欠けることがあった。
2.フォントを小さくして、2段に印刷することで対応した。

【分割販売明細書の更新】
1.薬品名の印刷時に長い名称の場合に欠けることがあった。
2.フォントを小さくして、2段に印刷することで対応した。


Ver.2.12   更新日:2017.11.11

【発注カードのポストカード印刷対応について】
1.発注カード画面に、はがき表示ボタンを追加しました。
2.はがきサイズの印刷イメージを表示します。(1薬品/1枚のため、枚数チェック要!)
3.プリンターにポストカード(厚紙)をセットします。
4.印刷指示して印刷します。

【得意先設定の色追加】
1.発注カードの得意先欄の背景色の指定色を追加しました。

【書体の変更】
1.初期パスワード、メニュー画面を標準のMSPゴシック体に変更した。


Ver.2.11   更新日:2017.9.1

【薬局開設許可番号の追加】
1.バラ入出庫登録の小分け販売・購入の際に薬局開設許可番号の入力をすることにした。
2.最初に入力した後は、記憶されます。
3.医薬品小分け販売依頼書に印刷されます。
4.分割販売明細書に印刷されます。

【棚卸での他店舗預かり分の在庫反映機能追加】
1.他店舗一時預かり分の棚卸取込機能の修正
2.自店舗棚卸の加算処理を追加した。


Ver.2.10   更新日:2017.3.17

【常用量登録画面の修正】
1.GS1-Databarバーコードからの厚生省コード変換機能を追加しました。

【店舗別注文一覧画面の修正】
1.薬品名、一般名での絞り込みができない場合があったのを正しく修正しました。
2.GS1-Databarバーコードから検索する機能を追加しました。

【更新履歴の変更】
1.更新履歴データを2年経過しても自動削除しないようにした。

【バラ入出庫登録の機能追加】
1.本店機能で移動伝票消込残EXCELを出力する機能を追加しました。
2.店舗からの受入薬品を他店舗に移動できなかったもの(本店在庫分)を出力します。


Ver.2.09   更新日:2016.6.29

【転送先名称の修正】
1.けやき薬局 本社→けやき薬局 本店 に変更した。

【クライアントPCへのバージョンアップ反映】
1.Windows OS判定でクライアントPCの更新がされなくなった。
2.上記の問題点を修正した。

【不動在庫登録に不動在庫サーチ機能追加】
1.自動発注画面内にあったボタンを不動在庫画面にも表示させた。
2.この機能は当初からあった機能で、発注してからしばらく経過したものを参考として
 表示するものです。


Ver.2.08   更新日:2016.6.28

【けやきくんサーバのFTP送信手順の全面変更】
1.FTP32.dllの場合、通信が不安定になることがあった。
2.wininet.dllを利用した通信手順に変更した。
3.OS:Windows7以降の対応とした。

【けやき薬局 本店対応】
1.本店用の転送先IDを追加した。
2.不動在庫一斉メール宛先に本店を追加した。


Ver.2.07   更新日:2016.2.8

【バラ入出庫伝票のネット送信時の不具合対応】
1.けやき薬局の新規薬局(2店舗)宛ての移動伝票の転送ができなかった。
2.クライアントPCでのみ不具合が発生した。
3.サーバーPC(又は単独PC)では問題なくできた。
4.クライアントPCでもできるように修正した。

【キーボードNumLock キーがオフになる不具合対応】
1.OSがWindows7以降に、時々NumLock キーがオフに現象が発生
2.Microsoft社の不具合によるもので、別の命令で対処するように修正した。


Ver.2.06   更新日:2015.12.11

【店舗名の正式決定による変更】
1.新店舗名:けやき薬局510店への変更及びメールアドレスの追加設定
2.不動在庫使用店舗一覧への追加設定


Ver.2.05   更新日:2015.11.30

【注文登録処理の改善】
1.レコード削除ボタンは2度の確認応答で削除するように変更した。
2.注文検索画面で薬品名、成分名で入力して絞り込むことができるようにした。
3.医薬品購入履歴の一覧で得意名欄を広くした。

【バラ入出庫処理の改善】
1.購入領収書の相手先名欄を広くした。

【棚卸登録処理の改善】
1.全行削除ボタンは2度の確認応答で削除するように変更した。

【在庫確認票EXCELの改善】
1.EXCEL欄に、後発品、剤形(内、外・・)、麻薬毒薬区分を追加した。

【店舗追加による変更】
1.店舗別注文一覧に2店舗分を追加表示した。
2.不動在庫メール一斉送信に2店舗分を追加した。


Ver.2.04   更新日:2015.1.26

【配信得意先以外発注明細EXCEL出力の追加】けやき薬局のみの機能
1.配信得意先以外に発注した明細をEXCEL出力する機能を追加しました。
2.注文集計表画面から出力することができます。
3.今後、報告を求められる場合があります。


Ver.2.03   更新日:2014.11.14

【在庫確認表の金額集計方法を戻した】
1.薬価ベースの金額集計に戻した。
2.厚生省コード毎の集計となるため、薬価で集計した。

【小分け販売依頼書・明細書の改善】
1.合計を小数点付き表示にした。
2.相手先名を長く印字できるようにした。
3.真に → まことに と文面を変更した。

【バラ入出庫の移動伝票の改善】
1.店舗間移動の際、ネット送信未送信一覧を表示できるようにした。

【発注画面からの移動登録機能の改善】
1.移動伝票登録時に、発注画面の備考欄に"バラ入出庫管理番号=9999で移動先店への出庫
 データを作成しました。"を書き込んで作成済みであることを確認できるようにした。

【不動在庫登録画面の改善】
1.薬品名順で表示できるようにした。
2.不動在庫使用店舗一覧画面から印刷できるようにした。
3.不動在庫EXCELに店舗名、販売会社欄を追加した。

【薬品名検索画面の改善】
1.旧薬品の表示/非表示を選択できるチェックボックスを追加した。
2.検索された一覧に対してもチェックのON/OFFで表示を切り変える事ができます。

【発注カード画面の改善】
1.発注カード明細中の旧JANコードを一括で削除する機能を追加した。


Ver.2.02   更新日:2014.9.30

【見積決定配信データの受信機能を開始しました。(けやき薬局のみ)】
1.店舗別に決定された得意先及び納入価格を自動的に更新します。
2.配信された薬品は、発注時に得意先変更する事が不可となります。(一時変更は可能)
3.得意先及び納入価格の変更は、再配信することで対応する事になります。


Ver.2.01   更新日:2014.7.29

【在庫確認表の変更】
1.他店舗調剤応援等で在庫がマイナスになるものを在庫ゼロにしていた。
2.在庫金額は、そのままマイナスで出力するように変更した。

【小分け販売依頼書の変更】
1.小数点以下の丸め計算が、店舗/販売先店舗により1円前後異なることがあった。
2.相手先に合わせられるように小計、消費税、税込み金額を画面から修正できるようにした。

【分割販売明細書の変更】
1.小数点以下の丸め計算が、店舗/販売先店舗により1円前後異なることがあった。
2.相手先に合わせられるように小計、消費税、領収金額を画面から修正できるようにした。

【不動在庫使用店舗一覧の追加(けやき薬局のみ)】
1.不動在庫登録画面に他店舗在庫照会ボタンを追加
2.不動在庫で他店舗が3ヶ月以内に発注している一覧が表示されます。


Ver.2.00   更新日:2014.6.28

【在庫確認表の機能改善】
1.最終棚卸日の変更機能の追加
2.在庫確認日を指定して、現在以外の在庫をチェックできるようにした。
3.EXCEL出力時に最終行にそれぞれの金額合計を追加出力するようにした。
4.薬価ベース → 納入価格による集計に変更した。

【薬品使用量取込の改善】
1.日付範囲指定で作られた薬品使用量を取り込む場合に期間開始日で作成していた。
2.期間終了日で取り込むように改善した。
3.次回の取込で、いつまで取り込んだのか判断できるようになった。

【注文登録から移動伝票作成機能の追加】
1.注文明細に当画面移動登録ボタンを追加した。
2.移動先相手の選択、出庫日の指定を行い自動的に出庫伝票を作成することができます。
3.伝票単位での処理のため、移動伝票を考慮して注文登録する必要があります。


Ver.1.99   更新日:2014.5.29

【店舗別注文一覧の絞込検索】
1.検索薬品名/一般名での検索が正しくできなかったのを修正した。

【分割販売明細書の消費税表示の改善】
1.消費税を先に計算してから、税込み金額を求めるように修正した。

【PRONET通信エラー発生時の対策】
1.テンポラリーファイルを削除するようにした。

【薬品詳細画面の機能追加(けやき薬局のみ)】
1.他店舗在庫照会ボタンを追加した。
2.インターネットエクスプローラが開かれ、現在表示中薬品の在庫照会一覧が表示されます。

Ver.1.98   更新日:2014.5.7

【GS1-Databarバーコードの対応の不具合修正】
1.JANコードが45で始まる薬品の変換が正しく行わなかったのを正しく修正しました。
2.バラ入出庫画面に分割販売明細書ボタンを追加しました。

Ver.1.97   更新日:2014.4.28

【小分け販売依頼書の計算式変更(けやき薬局)】
1.明細の金額では金額の丸め計算はしないようにした。
2.合計に対して税込み金額を四捨五入するようにした。
3.表示(プレビュー)画面から印刷すると金額合計が2倍になる不具合を修正した。

【分割販売明細書の計算式変更(けやき薬局)】
1.明細の金額では金額の丸め計算はしないようにした。
2.合計に対して税込み金額を四捨五入するようにした。

【店舗別注文一覧の表示変更(けやき薬局)】
1.旧JANコードの場合に薬品名を赤色反転標示するように変更した。

【データ保持期間を大きく変更した】
1.データ保持期間を1年2ヶ月→2年にした。

【注文集計表のEXCEL名の改善】
1.EXCEL名に集計期間(開始日_終了日)を追加した。

【GS1-Databarバーコードの対応】
1.マスタに調剤包装単位コード、販売包装単位コード(共に14桁)を追加した。
2.全てのバーコード(JANコード、GS1-Databar)に対応させた。
 どのバーコードでも自動変換して13桁JANコードになるようにした。
3.差分自動更新でも、調剤包装単位コード、販売包装単位コードの更新ができるようにした。
4.バーコードリーダをGS1-Databarが読み込めるものに変更する必要があります。

Ver.1.96   更新日:2014.4.19

【分割販売明細書の印刷追加】
1.けやき薬局オリジナルの機能改善です。
2.バラ入出庫画面に分割販売明細書ボタンを追加しました。
3.分割販売明細書の印刷指示によりA4印刷をすることができます。
4.上段に分割販売明細書、下段に領収書が印刷されます。

【薬品検索画面に他店舗ボタンから表示される項目の追加】
1.選択された薬品をインターネット画面に表示します。
2.在庫のある薬局と最終発注日及び発注得意先名を確認することができます。

Ver.1.95   更新日:2014.4.1

【不動在庫登録の印刷順序の変更】
1.印刷を有効期限の古い順に印刷するように変更した。
2.不動在庫EXCELを有効期限の古い順に印刷するようにした。

【店舗別注文一覧の検索方法の改善】
1.薬品名の部分検索をすると絞り込んで表示されるが同一成分が表示されない場合があった。
2.薬品名に対応する成分名に置き換えて同一成分名で絞込表示するように変更した。

【在庫一覧・注文実績のネット公開変更】
1.けやき薬局本社のネット公開を受信のみに変更した。

Ver.1.94   更新日:2014.3.10

【値引率の表示】
1.注文登録・検品画面・薬品検索画面に値引率表示を追加した。

【不動在庫の改善】
1.不動在庫画面を開いた時に有効期限が6ヶ月を切った薬品名を警告メッセージとして
 表示するようにした。

【医薬品購入履歴画面の改善】
1.薬品選択する際に選択するJANコードを購入実績のあるものだけ表示するようにした。

【同一成分後発品照会画面の改善】
1.薬品詳細情報から表示する同一成分後発品照会画面に薬価、納入価格、値引率の表示を
 追加した。

【得意先設定画面の改善】
1.得意先名を変更した場合は、関連する発注データ・返品データも同時変更するようにした。

【棚卸データの旧データの削除追加】
1.2年前以前の旧棚卸データを自動削除するようにした。

【EXCEL編集時の新バージョン対応】
1.Office2013のACTIVEXコンポーネントに対応できるように修正した。

以降は、けやき薬局オリジナルの機能改善です。
【発注管理マスタの導入】
1.本社からの配信により、発注先・納入価格を管理するようにした。
2.配信されたものについては、薬局側では変更できないようにした。
3.配信されていない薬品は値引率により納入価格が自動設定されるようにした。

【薬品検索画面に他店舗ボタンの追加】
1.選択された薬品をインターネット画面に表示します。
2.在庫のある薬局と最終発注日を確認することができます。

【不動在庫の一斉メール送信機能の追加】
1.不動在庫画面に一斉メール送信ボタンを追加した。
2.不動在庫をEXCELに変換して全店舗(自店舗除く)に添付してメール送信します。

【店舗別注文一覧画面の新規作成】
1.現在〜3ヶ月間の注文実績を各店舗別に一覧表示します。
2.同一成分>先発品>後発品の順に表示します。
3.薬品名検索により絞込検索をすることができます。

【小分け販売依頼書の新規作成】
1.バラ入出庫画面に小分け販売依頼書作成ボタンを追加しました。
2.小分け販売依頼書の印刷指示によりA4印刷をすることができます。

Ver.1.93   更新日:2014.1.3

【添付文書の検索呼び出し機能追加】
1.薬品検索画面に添付ボタンを追加した。
2.添付ボタンをクリックすると IyakuSearchインターネット画面を起動します。
3.インターネット画面の医薬品名欄にマウスの右クリックして医薬品名が貼り付けられます。
4.検索ボタンをクリックして添付文書を呼び出すことができます。

【医薬品購入履歴の表示条件変更】
1.発注薬品の検品及び返品伝票の確認が実施されていないものを表示しないようにした。
2.今までは未検品のものを”発注中”として表示していたがこれからは表示されません。

【不動在庫印刷でのチェック強化】
1.不動在庫数が未入力の場合、金額表示はゼロで進むように変更した。

【監査→鑑査にタイトル変更】
1.秤量鑑査、充填鑑査と画面/印刷タイトルを変更した。

【注文日付の入力でのチェック調整】
1.日付欄に誤って薬品バーコードを読ませ上書きした場合に異常終了する場合があった。
2.エラー回避できるように変更した。

Ver.1.92   更新日:2013.2.22

【患者選択(レセコンデータ)画面の機能追加】
1.秤量監査の患者選択画面から直接(メニューに戻さずに)以下の画面を開けるようにした。
 発注画面
 検品画面

【インターネット検索画面の改善】
1.在庫検索の表示文字を大きくした。
2.不動在庫検索の表示文字を大きくした。

Ver.1.91   更新日:2012.11.26

【不動在庫画面の機能追加】
1.不動在庫画面に移動廃棄ボタンを追加した。
2.店舗間移動、他店舗販売、廃棄がバラ入出庫伝票として自動的に登録できるようにした。
3.不動在庫画面から、バラ入出庫画面を呼び出せるようにした。

【処方箋のバックアップ機能の追加】
1.老健施設等と処方箋を同期取る為のバックアップ時に、最大2つの医療機関を選べるようにした。
2.今までは、医療機関ごとにUSBメモリーを分けてバックアップする必要があった。

【処方箋バックアップ時の医療材料の反映機能追加】
1.三菱レセコンからの出力マスタに医療材料分が含んでいないため、名称が表示されなかった。
2.医療材料分を表示できるテーブルを新設した。
3.システム設定画面の三菱薬品取込に医療材料追加ボタンを追加した。
4.医療材料追加画面に、三菱独自明細コード、厚生省コード、薬品名、単位を入力します。
5.三菱薬品取込時に、医療材料も含めて取り込むようにした。

Ver.1.90   更新日:2012.9.22

【棚卸し処理の変更】
1.別システムからの一包化在庫を取り込む機能を追加しました。
 ・別システムから出力された 最新処方在庫.xls を取り込みます。
 ・新しい薬品は行追加されて登録されます。
 ・同じ薬品の場合は、在庫数を加算します。
2.棚卸し表の印刷及びEXCELの出力順序を以下のように指定できるようにしました。
 ・入力順
 ・棚番、薬品名順(デフォルト)

【バラ入出庫処理の改善】
1.バラ入出庫集計表で相手先指定で集計できるようにしました。
 ・廃棄リストを出力する場合に、相手先に廃棄を指定することで明細表/集計表
  どちらでも絞り込んだ印刷、EXCEL出力ができます。
 ・相手先を省略した場合は、従来通りの出力になります。
2.入出庫伝票の印刷順の改善
 ・相手先毎に改ページされますが、その明細は入力した順番で印刷するようにしました。

【薬品検索の改善】
1.薬品名検索欄をAND条件による検索に変更した。
 ・薬品名@ + 空白 + 薬品名A のような入力になります。
 ・薬品名@は薬品名の一部を入力します。
 ・薬品名Aは剤形(錠、カプセル等)、単位(10、20等)、メーカ等を入力します。
 ・薬品名、一般名に対してAND条件による一覧を絞り込んで表示します。
 <検索入力例>
 オメプラゾール トーワ
   → オメプラゾール錠「トーワ」10mg
   → オメプラゾール錠「トーワ」20mg に絞り込んで表示されます。

Ver.1.89   更新日:2012.7.25

【薬品検索画面の改善】
1.一覧に後発品かどうかがわかるようにした。
2.一覧に剤形がわかるようにした。(内用、注射、外用、歯科用)

【処方箋内容をバックアップできる機能を追加】
1.三菱レセコン限定で動作します。
2.医療機関選択をしてからバックアップします。
3.患者情報〜薬品〜用法までのデータをCSV形式で出力します。
4.別のシステムで処方箋を蓄積するために当処理を追加しました。

Ver.1.88   更新日:2012.7.3

【在庫一覧のインターネット公開の機能改善】
1.表示項目を変更した。
 一般名(昇順)、薬品名(昇順)、後発品、発注単位、販売会社、得意先、最終発注日
2.検索機能の追加
 薬品名部分検索・・該当する薬品名を在庫する店舗を検索します。
 一般名部分検索・・該当する一般名を在庫する店舗を検索します。
【在庫一覧公開の自動更新】
1.けやき薬局全店舗では、薬品差分自動更新と同時に在庫一覧を自動的に公開します。
【発注カードの改善】
1.棚卸し以降に注文した薬品は発注カードで行削除した後、復元されないようにした。
2.棚卸し以降にバラ入庫した薬品は発注カードで行削除した後、復元されないようにした。
【薬品名検索の見出し追加】
1.一般名でも検索できることを明記するため、項目名の見出しを追加した。

Ver.1.87   更新日:2012.6.19

【システム終了時のバックアップ警告メッセージの改善】
1.OSがWindowsXPで性能低下しているPCでメッセージが表示される場合があった。
2.バップアップ方法をWindowsAPIを使って行うようにした。
3.終了時の警告メッセージがでなくなります。
【薬品名検索の改善】
1.薬品名検索時、途中から一部の入力でも検索できるようにした。(今までは先頭から入力)
 (例) 検索入力:チロナミン
     5mcgチロナミン錠 が検索表示されるようになります。
2.薬品名検索時、一般名の入力でも検索できるようにした。(途中からの入力でも可)
 (例) 検索入力:リオチロニン
     5mcgチロナミン錠
     サイロニン錠25γ が検索表示されるようになります。

Ver.1.86   更新日:2012.3.13

【注文集計表の機能追加】
1.注文集計表に後発品の金額集計、及び全体に対する後発品注文比率を印字追加した。
2.注文集計EXCEL出力項目に後発品薬価集計金額を追加した。
【薬品詳細画面の機能追加】
1.後発品の場合に後発品と大きい文字で表示するようにした。
【発注カード画面の機能追加】
1.詳ボタンを追加して、薬品詳細画面を開くことができるようにした。
【棚卸しの機能追加】
1.棚卸し表のEXCEL出力項目に後発品の識別及び後発品薬価金額を追加した。

Ver.1.85   更新日:2012.1.25

【MMNET送信処理の変更】
1.FTP送信処理のため、送信するファイル内容を変更した。
2.送信実行画面の呼び出し方法を変更した。
3.イントラネット接続切れの場合には、送信できないような信頼性を確保した。
【Windows7 64ビットコンピュータへの対応】
1.一部、未対応フォントのため、対応フォントに表示を変更した。
【発注カードでの薬品自動追加機能の変更】
1.バラ入庫(小分け購入、他店舗からの移動)で旧JANコード薬品の自動追加を停止した。
【見積メニュー内の納入価格設定画面での機能追加】
1.詳ボタンを追加し、薬品詳細画面を開くことができるようにした。

Ver.1.84   更新日:2011.12.26

【患者選択(レセコンデータ)画面の処理変更】
1.繰り返し処方内容を参照している時に、まれに強制終了してしまう症状があった。
2.処方参照後の反転表示を最新表示ボタンにより反映させるように修正した。
3.強制終了する現象を回避した。
【けやきくん起動時の不具合改善】
1.まれに、アクション実行エラーで起動しない現象が発生している。
2.Windowsのボタン制御している処理を復活した。(右上の閉じるボタンを無効化)
3.起動時のマクロを実行しないように変更した。

Ver.1.83   更新日:2011.12.24

【発注カードでの機能追加】
1.旧JANコードの棚番・発注点・コメントを新JANコードに引き継ぐ処理を追加した。
2.発注カード画面を開いた時点で自動的に引き継ぐようにした。

【患者選択(レセコンデータ)画面の処理変更】
1.繰り返し処方内容を参照している時に、まれに強制終了してしまう症状があった。
2.メモリ開放するために、画面を開きなおす方法に変更した。

【けやきくん起動時の不具合改善】
1.Windowsのボタン制御している処理を中止した。

Ver.1.82   更新日:2011.12.2

【インシデント報告業務の追加】
1.インシデント報告書作成処理を追加しました。
2.インシデント報告書をメール添付送信する処理を追加しました。
 メールは最大2箇所に送信する事ができます。
【Mmnet送信処理の改善】
1.Mmnet送信で通信エラーが発生した場合、圧縮ファイルの削除を自動処理するようにした。
 (圧縮ファイルを上書きできなくなる現象を回避する対策)
【注文登録画面の改善】
1.JANコードの項目が、タイミングにより日本語モードになってしまう現象を改善しました。

Ver.1.81   更新日:2011.8.4

【バラ入出庫伝票の変更】
1.入出庫明細毎に日付、相手先、メモ欄(記入スペース)を印刷するように変更。
 1行ごとにハサミで切り離し、移動された商品それぞれに、いつ、どこから、期限、数量、メモの伝票を付けたいという
 要望に対応
【不動在庫公開処理の改善】
1.公開中の不動在庫が無くなった場合に公開情報の削除機能がなかった。
 0件確認をして公開情報を削除指示できるようにした。
【注文リストの変更】
1.システム設定で出力項目を選べるようにした。
 0;発注入力順 1;薬品名順 2;発注入力順(改頁無メモ欄有り) 3;薬品名順(改頁無メモ欄有り)
 4;発注入力順(改頁無) 5;薬品名順(改頁無)

 販売会社・規格単位・包装形態・包装単位・単位を表示しないで、注文数・注文単位を薬剤名のとなりに表示し、
 その隣にメモする欄があるといいという要望に対応

Ver.1.80   更新日:2011.4.23

【発注カード画面に機能追加】
1.棚番表の印刷を追加した。
2.発注カード一覧(在庫一覧)をインターネットに公開する機能を追加した。
 インターネットでは、薬品名検索で他店舗の在庫を調べることができます。
【発注リストの機能追加】
1.発注リスト印刷で、得意先毎の改ページをしない選択をできるようにした。
 システム設定で切り替えることができます。
【薬品購入履歴の一部変更】
1.購入履歴で 購入 を(購入、発注中)に分けて表示するようにした。
【発注/検品の排他制御の不具合の一部改善】
1.パソコン2台同時に操作した場合に一部入力内容がキャンセルされる状態になった。
 キャンセルされないように改善した。

Ver.1.79   更新日:2010.9.1

【不動在庫登録機能の追加】
1.手動による不動在庫を登録する画面を追加
 JANコード、在庫数、記号番号、使用期限、コメント欄を任意に入力します。
2.印刷、EXCEL出力、インターネットサーバ出力ができます。
3.インターネット公開先

Ver.1.78   更新日:2010.6.10

【秤量監査の処方箋表示での不具合修正】
1.三菱レセコン接続時のみの不具合になります。
2.レセコンで単位を「管」→「ml」に変更して処方した場合レセコン単位とけやきくん単位で異なってしまう
3.レセコン側では、単位を独自外字コードを使っているため外字コードを判断して、正しく表示させるようにしました。
 対応外字(カプセル、キット)

Ver.1.77   更新日:2010.6.8

【秤量監査でのレセコン接続時の表示改善】
1.三菱レセコン接続時のみの対応になります。
2.患者の処方箋表示・秤量監査を実行後、患者ID欄が調剤済みの背景色に変わります。
 複数の薬剤師さんが勤務される場合など、調剤済の処方箋かどうかの判断がしやすいようにしました。
3.患者一覧の画面から直接、レセコンの最新表示ができるようにしました。
 今までは、秤量監査画面から毎回呼び出す必要がありました。
【薬品詳細画面の表示追加】
1.いろいろな画面から呼び出せる薬品詳細画面に 値引率 を表示しました。
 (薬価−納入価格)/薬価 により値引率を表示します。
【棚卸し処理に不動在庫記入用EXCEL出力の機能追加】
1.不動在庫記入用EXCELを出力する事ができます。
 ・JANコード
 ・薬品名
 ・在庫数(バラ)
 ・単位
 ・薬価在庫金額(薬価を単位とした在庫額)
 ・使用期限  ・・記入用として利用します。
 ・ロット  ・・記入用として利用します。
 ・チェック欄  ・・記入用として利用します。
【秤量監査・充填監査記録印刷の変更】
1.印刷用紙に背景色は印刷しないようにしました。

Ver.1.76   更新日:2010.4.8

【バラ入出庫集計表の改善】
1.相手先、薬品毎の入出庫集計表のほかに明細表を出力できるようにしました。
2.集計表、明細表どちらを印刷又はEXCEL出力するかを選択できるようにしました。
3.明細票は日別に入出庫明細を記号番号、使用期限含めて出力します。
4.明細票は日付>明細の入力順で印刷されます。
 出力順を任意に変更したい時は、EXCELに出力しEXCELを編集して下さい。
5.注文登録画面、返品登録画面から直接バラ入出庫画面を呼び出せるようにしました。

Ver.1.75   更新日:2010.3.29

【注文リスト並び順の変更】
1.並び順を選択できるようにしました。
2.システム設定画面から 0:発注入力順(ネット送信順) 1:薬品名順 を指定します。
3.注文リストの明細が指定された順番で印刷されます。
【発注カード画面で自動的に表示される一覧について】
1.2度目以降の棚卸し薬品の自動取り込みを中止した。
2.新規発注薬品の自動表示で、旧薬品の取り込みを中止した。
 発注カード画面で行削除した薬品が、画面を開き直すと復活してしまう事象に対して
 直近棚卸し〜現在の間に旧JANコードになった薬品の取り込まないようにした。

Ver.1.74   更新日:2010.3.22

【注文リストの並び順の変更】
1.得意先、薬品名の順の印刷 → 得意先、注文入力順の印刷に変更した。
 得意先の納品伝票と並びを合わせるための変更になります。

Ver.1.73   更新日:2009.11.24

【秤量監査画面からの処方箋内容表示に指導文の追加】
1.三菱レセコン接続のみ対応
2.複数指導文の処方箋表示を追加しました。
3.コメント指導文を先頭に表示するようにしました。
【タスクバーの非表示対応】
1.メニューから業務画面を開いた時にそれぞれの画面がタスクバーに表示されないようにしました
 (注)タスクバーとは画面の真下に表示される横長の棒状の領域
【薬品詳細情報の印刷機能追加】
1.詳ボタンで表示される薬品詳細情報をA5横で印刷する機能を追加しました。
2.レセコンに薬品登録する際に利用することができます。

Ver.1.72   更新日:2009.11.6

【秤量監査画面に処方箋内容表示の追加】
1.三菱レセコン接続時のみに対応しました。
2.レセコンからの接続情報から処方箋内容に近い表示を追加しました。
 薬品行・・厚生省コード、薬品名、一日量、単位 を通常色で表示
 コメント行・・コメント をピンクの反転色で表示
 用法行・・用法名、日数 を茶の反転色で表示
(注)三菱レセ側で薬品・用法に変更があった場合はその都度、システム設定から三菱薬品テキスト読込 を実行する必要があります。
【棚卸し画面に全データ削除機能を追加】
1.全行削除ボタンを追加しました。該当棚卸し月の全てのデータを一括で削除します。
2.発注カードからの取り込んだ棚卸しデータをやり直したい場合に必要だという要望に対応!

Ver.1.71   更新日:2009.10.23

【サンヨーレセプト接続での修正】
1.組み合わせ用法の場合、レセプト明細の表示が重複して表示されるのを修正しました。
【JANコード変更時の引継ぎ更新の改善】
1.現在は、新JANコードに得意先・納入価格を自動的に引き継ぎ更新しました。
2.定率値引きを採用している得意先については引き継がないようにしました。

Ver.1.70   更新日:2009.9.23

【Mmnet送信処理の変更】・・再度前回と同一アップデートをします!
1.薬価収載有無により口座を分けて送信していた処理を一本化する修正をした。
2.発注送信時間が 2009年9月30日 15:00以降から一本化して送信します。
3.薬価収載有無に関わらず、薬価収載有りとして1口座で送信します。

Ver.1.69   更新日:2009.9.20

【Mmnet送信処理の変更】
1.薬価収載有無により口座を分けて送信していた処理を一本化する修正をした。
2.発注送信時間が 2009年9月30日 15:00以降から一本化して送信します。
3.薬価収載有無に関わらず、薬価収載有りとして1口座で送信します。

Ver.1.68   更新日:2009.7.17

【検品処理でのチェック追加】
1.検品処理で納入価格の変更も同時にできるが、誤ってJANコードを読ませて
 確認メッセージをそのままOKで通すと膨大な金額が設定されてしまう。
 考えられない数値を入力した場合は自動的に取り消すようにした。
【注文伝票未確認一覧の改善】
1.注文そのものを取り消す機能として該当行注文明細削除ボタンを追加した。
【返品伝票未確認一覧の改善】
1.返品そのものを取り消す機能として該当行返品明細削除ボタンを追加した。

Ver.1.67   更新日:2009.5.18

【レセコンの処方箋内容と総量数の表示機能追加】
1.レセコン接続環境において動作します。
2.受付順に並んだ患者一覧から処方箋表示をクリック又はファンクションキー押下します。
3.患者ID、患者名漢字/カナ、性別、生年月日、年齢、医療機関名
 厚生省コード/YJコード、薬品名、処方日数、一日量、総量数、単位の一覧を表示します。
 受付完了後「けやきくん」を利用して処方箋の薬品在庫を速やかに確認する目的で対応しました。
4.処方箋の厚生省コードに対する取扱一覧を表示することができます。
 同一厚生省コードに対応するJANコードの取扱データを日付の新しい順に表示します。
 発注、返品、バラ入出庫の取扱内容を表示します。
【返品処理の省力化対応】
1.従来の一品毎の伝票確認処理のほかに伝票一括確認機能を追加しました
 操作方法
 @返品登録画面の該当管理番号に前画面で戻しで表示させます。
 A当画面一括確認ボタンをクリックします。
 B実行確認メッセージに対して OK をクリックします。
 C現在表示されている返品明細全てが当日日付で全て返品伝票到着確認済みになります。

Ver.1.66   更新日:2009.4.7

【返品処理の機能改善】
1.薬品検索機能を追加して薬品名から返品処理ができるようにしました。
2.返品伝票確認前に同一薬品を返品登録した場合は警告メッセージを表示するようにしました。
 重複登録チェック追加!
【成分名(一般名称)の管理を追加】
1.マスタ自動更新時に成分名も更新できるようにしました。
2.薬品詳細画面に成分名の表示を追加しました。
(注)6月より医薬品、OTC医薬品も一般名称記載の記載が義務化されます。

Ver.1.65   更新日:2009.3.12

【レセプト電算コードの追加】
1.新薬品をレセプトPCに登録する際に参考にしたいという要望に対応しました。レセコンの新薬品登録は、数ヶ月遅れるケースがあり手入力が必要な場合があるため。
2.詳ボタンで表示される薬品詳細画面にレセプト電算コードの表示を追加した。薬品詳細画面内及び関連医薬品一覧内に表示追加しました。
3.薬剤マスタ設定画面にレセプト電算コードの表示を追加しました。

Ver.1.64   更新日:2009.2.19

【検品処理の機能改善】
1.検品処理で納入価格・薬価の変更をできるようにしました。
2.検品履歴一覧に納入価格・薬価も表示追加しました。
【不動在庫出力の条件変更】
1.自動発注画面から指示する不動在庫出力での条件を変更しました。
 ・一定期間発注・返品・バラ入出庫のない薬品を抽出するようにしました。
 ・不動期間デフォルトを2ヶ月に変更しました。(包装変更による返品可能時期が短いため)
2.EXCEL出力に加え、一覧表示機能を追加しました。
【自動発注時の改善】
1.発注支援機能の自動発注時に作成する発注明細を薬品名順に並べて出力するようにしました。
後で自動発注内容と実在庫数の目視確認をする時に薬品名順のほうがいいという要望が有ったため。

Ver.1.63   更新日:2009.1.10

【旧JANコード更新時の機能アップ】
1.旧JANコードが何段階にもなっている場合に新JANコードは最新のコードに対応するようにした。
 (例)4987123019026→4987086570107→4987086230971→4987086231046 のように
    何段階もJANコード変更が繰り返されている場合
    どのJANコードからも新JANコードは4987086231046とわかるようにした。
2.新JANコードに得意先・納入価格を自動的に引き継ぎ更新するようにした。
【自動発注処理の機能アップ】
1.発注支援メニューの月間発注量設定、自動発注に対して以下の機能を追加した。
 @直近棚卸しのJANコードは全て新JANコードに変換して集計した。
 A発注・返品集計は全て新JANコードに変換して集計した。
 B自動発注は全て、新JANコードで処理するようにした。
 集計期間内に旧JANコードと新JANコードの発注実績/返品実績があれば
 全て新JANコードとして合算実績を計算して、それを元に自動発注します。

Ver.1.62   更新日:2008.10.2

【サンヨーレセからの薬品使用量読み込みパターンの追加】
1.旧バージョン仕様のサンヨーレセコンからの薬品使用量フォーマットに対応しました。
2.システム設定からレセプトメーカを三洋旧に選択する事で対応できます。

Ver.1.61   更新日:2008.9.4

【見積り処理での新JANコードの対応】
1.見積り依頼する薬品一覧を自動的に作る処理で旧JANコードを削除していたが
 それに変わる新JANコード(新薬)を自動的に取り込む処理を追加した。

Ver.1.60   更新日:2008.7.30

【伝票一括検品機能の追加】
1.従来の一品毎の検品処理のほかに伝票一括検品機能を追加しました。
 操作方法
 @注文登録画面の該当管理番号に前画面で戻しで表示させます。
 A当画面一括検品ボタンをクリックします。
 B実行確認メッセージに対して OK をクリックします。
 C現在表示されている注文明細全てが当日日付で全て検品済みになります。

Ver.1.59   更新日:2008.7.5

【移動伝票で入庫伝票のネット転送機能を追加】
1.従来の出庫伝票の送信機能に、入庫伝票の送信機能を追加しました。
 入庫伝票を受信して自動的に出庫伝票を作成します。
 (他店舗からの預かった薬品を自店舗で使用した場合に、自店舗から移動伝票を処理することができるようにしました)
【バラ入出庫集計表のEXCEL出力機能の追加】
1.期間の集計表をEXCELに出力します。
 相手先毎の入出庫明細及び金額合計、総合計を出力します。 
 EXCELをメール添付して管理部門に送信する事ができます。
 (在庫管理をするために必要な入出庫明細をEXCELに展開できるようにしました)

Ver.1.58   更新日:2008.6.13

【見積り確定時の得意先決定方法の変更】
1.同一見積価格で複数得意先が競合した場合に得意先コード順に優先するようにしました。
 今までは見積りを受け付けた日付の早い得意先順だった。
【レセプト連動在庫確認での自動発注変更】
1.レセプト連動在庫管理を採用している場合、厚生省コード単位での現在庫が把握できるが
 発注カード画面で自動発注用JANコードに対して発注点を設定する事により
 発注点より現在庫が少ない場合は自動発注用JANコードに対して自動発注できるようにした。
 今までは自動発注機能はあったが、画面でどの発注単位の薬品を発注するか選択する必要があった。

Ver.1.57   更新日:2008.4.19

【パソコン設定画面でのプリンタ設定ミスの対応】
1.パソコン設定画面を閉じた時に通常使うプリンタの設定が正常に処理されない場合がありました。
 これを 正常に設定できるように変更しました。

Ver.1.56   更新日:2008.3.18

【サンヨーレセプトからの薬品使用量フォーマット変更による対応】
1.レセプトPCからの薬品使用量読み込み処理を新フォーマット用に修正した。
【分包機への分包指示フォーマットの改善】
1.医療機関コードがレセプトから設定されていない場合でも医療機関名のみ設定するように修正した。
 今までは分包機PCに表示される一覧に医療機関名が99999999と表示されていたのが
 医療機関名だけは正しく表示されるようにした。
【プリンタの設定】
1.秤量監査からの印刷時にプリンタの設定が変更されても正しく処理されるようにしました。

Ver.1.55   更新日:2008.3.12

【バラ入出庫登録での問題点修正しました】
1.移動伝票受け入れ時に移動元の発注先・納入価格も同時に更新している処理をとりやめました。
 移動元/移動先で該当薬品の発注先、納入価格が異なる場合があるため
 移動数のみを受け入れるようにしました。

Ver.1.54   更新日:2008.3.5

【バラ入出庫処理の改善】
1.移動伝票の出庫登録時に相手先の指定を薬品毎に毎回しなければならない操作を改善しました。
  ↓
 直前の登録した相手先を自動的に指定できるようにしました。
【ネット受信処理の改善】
1.移動伝票の受信一覧は未到着伝票含めリアルタイムで表示され一括受信する為
 未到着伝票も受信してしまう処理を改善しました。
  ↓
 受信一覧から受信する伝票を選択する機能を追加しました。
 受信一覧に残っているものは未到着の移動伝票であることが判断できます。
 初期値は全受信になっていますので従来通りの運用でも構いません。

Ver.1.53   更新日:2008.1.2

【ネット転送時の改善】
1.ネット受信時に相手先登録していない場合は登録する旨の警告を表示するようにしました。
2.特記事項欄を記号番号、使用期限の2つに分割して明確な入力としました。
3.入出庫伝票印刷時に発行元薬局名も印字するようにしました。
4.ネット受信した時に作成する日付を相手先が登録した日付と同一日を設定するようにしました。
5.転送先ID一覧を自動更新できるようにしました。(けやきくんユーザの自動登録機能)
6.ネット転送時のファイル名を変更しました。

Ver.1.52   更新日:2007.12.23

【移動伝票・小分け販売伝票のネット転送機能追加】
1.バラ入出庫画面の相手先に転送先IDを追加した。
 「けやきくん」ユーザ全ての転送先IDを指定する事ができます。
2.入出庫データにネット送信日欄を追加した。
3.入出庫データに特記事項欄を追加した。
 記号番号、使用期限を転送先に通知する時に利用します。
4.受信側では一切の入力は不要です。
5.受信した入庫データを印刷する機能を追加しました。
 バーコードも印刷されますので切り張りして利用することも可能です。
【後発品管理機能追加】
1.後発品区分を新規に管理できるようにしました。
2.薬品詳細画面から同一成分の薬品一覧を表示できるようにしました。
3.薬品詳細画面からEXCELに出力する事もできます。
4.発注カード画面から後発品が含まれるものを同一成分毎に一覧出力した
 EXCELを出力する事ができるようにしました。
 厚生省コード毎の出力、JANコード毎の出力を選ぶことができます。
【棚卸し表EXCELの項目追加】
1.麻薬毒薬区分、剤形を新規に管理できるようにしました。
2.棚卸し表EXCELに麻薬毒薬区分を追加出力しました。

Ver.1.51   更新日:2007.9.8

【分包機連動についての改良】
1.用法一覧を内服、頓服に限定して表示するようにした。
2.レセプトから患者選択しない場合は分包機側への出力をしないようにした。
3.レセプトと異なる薬品を秤量監査した場合は分包機への出力をしないようにした。
【使用メニューを制限する機能を追加】
1.制限ユーザIDでログインすると秤量監査・充填監査以外を利用できないようにした。
【ピッキングサブシステムのプログラム自動更新対応】
1.ピッキング処理での自動バージョンアップをできるようにした。

Ver.1.50   更新日:2007.9.3

【Windows Vista対応】
1.Vistaになって全角数字の扱いが禁止になったための変更
 ・レセプト処方箋データのフィールド名称を変更
 ・レセプト処方箋データの取込方法を変更
【採用決定医薬品EXCELの変更】
1.合計行の値引率の計算式を修正

Ver.1.49   更新日:2007.5.18

【注文集計表のEXCEL出力での変更】
1.EXCEL出力名を "注文集計表_薬局名.xls" に変更しました。
2.薬局名を名前に加える事で複数薬局を集約する時に固有扱いができるようにしました。
【棚卸表のEXCEL出力での変更】
1.EXCEL出力名を "棚卸_薬局名_YYYYMM.xls" に変更しました。(YYYYMMは棚卸年月)
2.薬局名を名前に加える事で複数薬局を集約する時に固有扱いができるようにしました。
3.EXCEL内にコメント列(漢方番号等)を出力追加しました。

Ver.1.48   更新日:2007.4.3

【レセプト連動時の秤量監査機能アップ】
1.レセプト出力コード(厚生省コード、YJコード)と「けやきくん」で読ませたJANコードの
 厚生省、YJコードが異なる場合に警告メッセージの読上げを行っていますが、薬品名変更などにより
 厚生省コードが変わるケースが多発しており同一薬品なのに不一致判定が発生してしまいます。
 (例)
 レセプトでは旧薬品であるレンドルミン錠の 1124009F1029 で出力される。
 けやきくんでは新薬品のレンドルミン錠0.25mgの 1124009F1223 を秤量監査した。
 判定結果は 不一致 となります。
 そこで「レセプト出力コード(厚生省コード、YJコード)と
 読ませたJANコード → 旧JANコードの厚生省、YJコード
 読ませたJANコード → 新JANコードの厚生省、YJコード
 を比較判定に加えました。
 それにより上記の(例)の場合も不一致とならないようにしました。
 常用量監査については読ませたJANコードに対応する厚生省コードの常用量内容を参照します。
 定期的に常用量登録を行ってください。

Ver.1.47   更新日:2007.3.24

【高園産業分包機連動対応】
1.三菱レセコン接続時のT_MEISAIファイル取込追加
2.用法テーブルの新規追加
3.用法設定画面の追加
 服用時点、服用時期を分包機側へ引き渡すために設定する必要があります。
4.パソコン設定画面での設定項目追加
 分包機接続有無、分包機出力共有フォルダ名
5.秤量監査データへの項目追加
 用法コード、生年月日、性別
6.サンヨー、シグマレセコン取込用テーブルへ用法コードフィールドを追加
【ピッキングサブシステムへの対応】
1.ピッキングに関わるデータをサーバ管理しました。
 ピッキングデータ、ピッキングエラーデータ

Ver.1.46   更新日:2007.3.1

【シグマ製レセプトとの接続での不具合修正】
1.レセプトで複数診療科があった場合に合成する処理が不足していたのを修正しました。
【棚卸処理でのEXCEL出力の改善】
1.棚卸表に区分(外、内、注、歯)の列を薬品名の右に追加した。
 内服、外用で振り分けて使用する場合に利用して下さい。

Ver.1.45   更新日:2007.1.19

【検品処理での機能改善】
1.発注した薬品に対して、新JANコードで納品された場合に検品処理を中断して
 JANコード変更処理を行う必要があり、
 手順通りやらないと未検品のまま残ってしまうことがありました。
2.以下のような改善をしました。
 (1)旧JANコードの未検品の発注データがあった場合
  ・発注データを新JANコードに置き換えます。
  ・得意先、納入価格を新JANコードに引き継ぎます。
  ・自動的に通常検品確認に進みます。
 (2)旧JANコードも未検品の発注データがない場合
  ・従来通りの電話発注に対する検品とします。
【秤量監査時の表示単位修正】
1.体重当たりの重量を示す単位の誤りをmg→gに変更した。

Ver.1.44   更新日:2007.1.14

【T−NET送信対象外のメッセージ表示】
1.同一発注管理番号内にT−NET対象・対象外の発注データが混在した場合に
 T−NET登録得意先の分は自動的に得意先に送信されますが、
 T−NET対象外の得意先の分は後で印刷・FAXする必要があります。
 その旨をガイダンスとしてお知らせする機能を追加しました。
 (1)T−NET送信画面にお知らせするメッセージを表示します。
 (2)同時に音声を発してお知らせします。
【MMNET送信対象外のメッセージ表示】
上記のT−NETと同様なお知らせ機能を追加しました。

Ver.1.43   更新日:2007.1.11

【初期メニュー表示時のメニューバーの表示改善】
1.画面上部に表示されるメニューバー(ファイル(F)・・がマウスドラッグにより画面から移動し
 誤って削除してしまうと、その後の表示がなくなる症状を改善しました。
 ・強制的にメニューバーを表示するように変更しました。
 ・メニューバーのマウスドラッグによる移動を出来ないようにしました。
【けやきくんホームページ表示の追加】
1.初期メニューの けやきくん をクリックするとホームページを表示するようにしました。

Ver.1.42   更新日:2009.11.24

【注文登録処理の変更】
1.注文伝票確認日(検品日)を直接変更できるようにしました。
2.注文伝票未確認一覧の画面で注文伝票確認日(検品日)を直接変更できるようにしました。
3.画面内の当月合計、前月合計は検品日の集計に変更しました。
4.注文推移照会の集計方法を変更しました。(前月、前々月発注金額をリアル表示する機能)
 (1)発注金額合計は検品日で集計するようにしました。
 (2)返品金額は返品伝票確認日で集計するようにしました。
5.注文集計表に返品情報を追加した。
 返品伝票確認日が集計期間に含まれる場合は注文数量欄にマイナスで出力します。
6.新JANコードで新たに発注した場合は旧JANコードの得意先を引き継ぐようにしました。
【返品登録処理の変更】
1.返品伝票確認日(返品処理日)を直接変更できるようにした。
2.返品伝票未確認一覧の画面で返品伝票確認日を直接変更できるようにした。
【旧JANコード差分の削除機能追加】
1.旧JANコード差分情報の追加処理を戻す機能を追加しました。

Ver.1.41   更新日:2006.12.16

【旧JANコードの管理を追加しました】
1.旧JANコードが追加された場合「けやきくん」立ち上げ時に自動更新します。
2.注文登録、見積り登録、棚卸登録でのチェック強化 旧JANコードで発注・見積り・棚卸をした場合
 ”???は旧JANコードとして登録されています。それでも今回登録しますか?”のような注意を
 促すメッセージを表示します。
3.詳ボタンで表示される薬品詳細画面に ”旧薬品” 及び 新JANコードを表示します。
4.薬品名検索で表示される一覧に旧薬品について赤色反転で表示します。
5.納入価格設定、発注カード、月間発注量設定、自動発注一覧に 旧薬品について 赤色反転で表示します。
6.JANコード変更画面から旧JAN検索画面を表示できるようにした。旧JAN検索画面では自動
 更新された旧JANコードの検索及び追加ができます。
7.見積り登録での棚卸薬品の見積り登録処理の変更直近棚卸薬品+以降の新規発注薬品−旧JANコードの薬品を
 取り込むようにしました。
 

Ver.1.40   更新日:2006.12.2

【注文登録処理の機能修正】
1.当月発注合計金額表示が翌月分も含んでいたので、当月のみの集計に変更した。
2.注文推移照会画面内の当月分を当月のみの集計に変更した。
3.得意先が設定されていないJANコードを注文した場合に関連する薬品の得意先を選べるようにした。
 さらに関連する薬品がない場合は同一販売会社で既に設定済みの得意先を選べることができます。
【JANコード変更処理の変更】
1.今までの処理は同一厚生省コード内での変更のため、新薬の厚生省コードが変わった場合
 対応できなかった。それで全面的に変更して新JANコード、旧JANコードを指定して変更するようにした。
【自動発注画面での不良修正】
1.自動発注日を翌月に変更した場合に作られる発注データの発注日が処理日になったのを
 変更された自動発注日になるように修正した。
2.不動在庫EXCELデータ作成で旧包装・旧JANコードの薬品が出力されていた。
 関連する(同一厚生省コード)医薬品が不動在庫期間内に発注している場合は、
 他包装関連JANコード含めて不動在庫ではない判定を加えた。
【秤量監査処理の変更】
1.印刷タイトルを変更した。
 「秤量監査記録」 → 「お薬調剤の記録」
【注文集計表の変更】
1.集計期間デフォルト選択を 注文日範囲集計 → 検品日範囲集計 に変更した。

Ver.1.39   更新日:2006.11.21

【注文登録処理の機能追加】
1.画面内に前月発注合計、当月発注合計金額表示を追加した。
2.詳ボタンで開いた関連薬品一覧から他包装薬品を選択することができるようにした。
3.注文推移照会ボタンを新しく追加した。(過去2ヶ月の注文・返品・バラ入出庫実績)
4.医薬品購入履歴ボタンを新しく追加した。(指定医薬品の購入履歴を表示)
【返品登録処理の機能追加】
1.注文推移照会ボタンを新しく追加した。(過去2ヶ月の注文・返品・バラ入出庫実績)
2.得意先別返品集計表の機能を追加した。
3.医薬品購入履歴ボタンを新しく追加した。(指定医薬品の購入履歴を表示)
4.JANコードを読み込んだ後は自動的に次の行に進むようにしました。
 但し、2箱以上の返品の場合はカーソルを↑で戻して修正する必要があります。
【バラ入出庫登録処理の機能追加】
1.注文推移照会ボタンを新しく追加した。(過去2ヶ月の注文・返品・バラ入出庫実績)
2.相手先別入出庫集計表の機能を追加した。
【納入価格設定での機能改善】
1.得意先、納入価格を変更した場合に更新確認ガイダンスを表示するようにした。
【自動発注処理の機能追加】
1.当月発注数量上位品目の選択機能を追加した。
【不動在庫処理の機能追加】
1.最終発注日をEXCEL項目に追加した。

Ver.1.38   更新日:2006.11.9

【注文登録画面でのチェック強化】
1.JANコードが13桁の全角数字で入力された場合にエラー再入力にするようにした。
 何らかの条件で全角数字が入力された場合にT−NET、Mmnet送信で正常に発注が届かない現象を解消しました。

Ver.1.37   更新日:2006.11.3

【サンヨーレセプトの接続インターフェース変更に伴う修正】
1.患者情報、薬品情報、用法情報の項目追加に対応した。
【自動発注で条件設定で発注量を調整する機能を追加】
1.自動発注日を変更できるようにした。
 月末に翌月分の自動発注ができるようにした。
2.発注予定金額上位品目・得意先限定により発注量をコントロールできるようにした。
 発注予定金額上位品目ベスト??位までを発注(??は任意指定可)
 得意先を指定することで絞込み発注が可能
【発注処理の機能追加】
1.月末に翌月分として発注したい場合に注文日を進めるボタンを追加した。
【薬品詳細画面の機能追加】
1.各種画面内にある 詳ボタン で開く薬品詳細画面に関連薬品情報を表示した。
 新規医薬品・JANコード変更などで、旧医薬品の得意先・納入価格などを参考にする場合に役立ちます。

Ver.1.36   更新日:2006.9.9

【注文登録処理の機能変更】
1.MMnet送信処理のガード解除
 薬価未収載の医薬品の注文登録、及びMMnet送信ができるようにした。
 2006年10月1日から可能になります。
2.MMnet発注送信一覧の画面を変更した。 
 薬価収載・薬価未収載の医薬品をそれぞれ得意先別に分けて表示するようにした。

Ver.1.35   更新日:2006.8.31

【注文登録処理のバグ修正】
1.パソコン環境がMicrosoft Aceess Xpランタイムで動作する場合に限りますが
 薬品名検索して追加した場合に常に先頭行に戻ってしまう現象を正しく修正しました。
 最終行に進み、次の発注薬品登録がそのまま継続できるようにしました。

Ver.1.34   更新日:2006.8.12

【秤量監査・充填監査・発注・返品処理でのマウススクロールの制限解除】
1.マウスのホイールでのレコード移動のガードを解除した。
【薬品名検索機能の変更】
1.漢方番号の表示を追加した。
 発注カード画面でコメント欄に漢方番号を入力している場合に表示されます。
 (例)
 柴胡加竜骨牡蛎湯 JPS-15
2.漢方番号から検索
 漢方番号にカーソルを位置付けてツールバーの検索(F) から漢方番号を入力して呼び出すことができます。
【発注カード機能追加】
1.発注カードを手動で追加する機能を追加した。
2.薬品検索(F8)機能を追加した。
【秤量監査・充填監査の記録印刷プリンタを選択できるようにした。
1.パソコン設定画面でプリンタを選択できるようにした。
2.秤量監査結果、充填監査結果、充填バーコード印刷をラベルプリンタに出力する機能を追加した。
【レセプトコンピュータの接続メーカ追加】
1.システム設定でシグマソリューションズ(パナシア)を選択できるようにした。
2.秤量監査でパナシアとの接続をできるようにした。
3.レセプト使用薬品読込でパナシアのデータに対応した。

Ver.1.33   更新日:2006.5.4

【注文集計表の機能追加】
1.最終ページに全得意先の金額合計を印刷するようにした。
【注文処理での不具合修正】
1.薬品名検索から注文した場合に重複入力のチェックがされていなかった。
 JANコード入力と同様に未検品薬品として警告するようにした。
【棚卸し処理の機能改善】
1.棚卸し原票読込登録した棚卸し明細をEXCELの表示順序と一致させた。
2.棚卸し原票EXCELファイル内で重複JANコードがあった場合にエラー処理をするようにした。
3.薬品名検索から棚卸登録した場合に重複入力のチェックがされていなかった。
 同一JANコードを選択した場合はエラー処理をするようにした。
【秤量監査・充填監査・発注・返品処理でのマウススクロールの制限追加】
1.マウスのホイールでスクロールしてもレコード移動しないようなガードをかけた。
【タイトルバーの表示】
1.タイトルバー(画面最上位行の右上のボタン)の無効化を行った。
 右上の×(閉じる)ボタンを無効にして正しく終了を促すようにした。
【クライアントパソコン起動時のデータベース接続チェック】
1.プログラムの自動更新後のサーバ接続時にサーバ側で業務画面を開いている場合は
 業務画面を閉じる要請及び再接続要求するようにした。

Ver.1.32   更新日:2006.5.2

【発注カードの機能変更】
1.初期表示する一覧表示条件を以下のように変更しました。
 ・直近棚卸し薬品一覧・・得意先が設定されていなくても表示します。
 ・棚卸し以降に新たに発注した薬品一覧

Ver.1.31   更新日:2006.4.25

【秤量監査の機能追加】
1.レセプト接続環境で患者選択した場合に以下の表示を追加して監査補助強化した。
 @錠剤・カプセルの時
  30日分、3カプセル/日の場合30日分90カプセルと表示してさらに音声読上げするようにした。
 A粉(分包)の時
  14日分、1g/日、朝夕2回の場合14日分14g(24包)と表示してさらに音声読上げするようにした。
【パスワード入力の不具合修正】
1.Microsoft Access XP以降のバージョンで最初のパスワード入力する際に自動的に
 日本語入力になってしまいENTERキーを2回押す必要があったのを改善しました。

Ver.1.30   更新日:2006.4.10

【注文集計表の機能追加】
1.注文登録画面内の注文集計表でEXCEL出力機能を追加した。
 印刷内容と同等な項目をEXCEL形式で出力します。
 複数店舗の発注額を集計したり、統計資料として役立てるために利用して下さい。
【納入価格設定の機能追加】
1.見積りメニュー内の納入価格設定に薬品名検索機能を追加した。
 JANコードが揃わない段階で事前に得意先を設定したい場合の為に追加しました。
【発注カードの機能追加】
1.発注カードの行削除で同時に得意先情報のクリアも行うようにした。
 今までは別画面で得意先情報(得意先名、納入価格)をクリアする必要があった。
 これにより行削除した場合
 直近の棚卸し薬品及びそれ以降の発注薬品であっても得意先情報がクリアされた為、
 発注カードは完全に削除されます。

Ver.1.29   更新日:2006.4.3

【検品処理の機能追加】
1.当月の電話注文件数を表示追加した。
 発注処理を行わずに電話発注した件数を表示した。
 1か月の電話注文回数を表示することで減らしていくシグナルにした。
【発注カードの一覧表示の改善】
1.直近棚卸し薬品を自動的に発注カードとして作成する機能を追加した。

Ver.1.28   更新日:2006.3.24

【Mmnet対象外厚生省コードの変更】
1.Mmnet送信対象外(麻薬など)の医薬品を緩和し送信できるようにした。
【得意先名のクリア機能】
1.薬品毎に一度設定した得意先を変更することはできたがクリアする事ができなかった。
 クリアして納入価格を薬価に戻す処理を追加した。
【発注カードの削除機能追加】
1.発注カードは自動的に作成されるが、誤って得意先設定された薬品は不要であることから削除機能を追加した。
 その場合の手順
 @見積りメニューの納入価格設定画面を表示して対象薬品の得意先をクリアする。
 A発注カード画面を表示して対象薬品の行削除をする。

Ver.1.27   更新日:2006.1.14

【秤量監査の変更】
1.薬品検索(F8)機能を追加した。
 JANコードが無い薬品を秤量したい時に利用します。
【検品処理の変更】
1.部分検品操作で検品数変更後の検品OK(F1)押下時に正しく処理されない場合があった。
 検品数変更時にカーソルをENTERで進めずにF1キーを押下した時のみ発生しました。
 同様な操作をしても正しく処理されるようにしました。
【薬品JANコード変更処理の追加】
1.薬品JANコードが変更になった時に前JANコードの得意先名、納入価格を引き継ぐ時に使用します。
2.注文登録画面、検品処理画面から呼び出します。
【棚卸し原票作成機能の追加】
EXCELファイルを利用して棚卸しの入力を行う機能
1.発注カード作成画面に棚卸し入力用EXCEL出力を追加した。
2.棚卸し処理画面に棚卸し入力用EXCELの読込処理を追加した。
【レセプト在庫確認機能の追加】
1.バラ入出庫登録を追加した。
2.発注カード画面の発注点を厚生省コード毎に集計する機能を追加した。
3.在庫確認表の画面一覧検索処理を追加した。
 (1)現在庫数、在庫余剰数、在庫不足数が一覧に表示されます。
  但し、厚生省コード/個別医薬品コード(YJコード)単位の集計結果で表示
 (2)発注点割れ一覧をJANコード単位で表示することができます。
  さらに発注数を入力するだけで発注データの自動作成ができます。
【見積り処理の変更】
1.同時に見積りができる得意先を最大6社→12社に増やした。
2.見積り比較表の様式を12得意先対応に変更した。
3.見積り結果読込処理にクリア(初期化)させる機能を追加した。

Ver.1.26   更新日:2005.11.26

【納入価格設定の変更】
1.DELETEキーで行削除できないようにした。
【発注カード作成の変更】
1.DELETEキーで行削除できないようにした。
【秤量監査の変更】
1.レセプトの薬品と異なるものを秤量した時に取り消しした後の戻り方を
 JANコードをクリア後の再入力に戻すようにした。
2.患者様監査記録の一日量の表示を目立つように赤色で表示するようにした。
【メニューバーの変更】
1.ファイル(F)の中に 最適化/修復(C) 追加した。
 けやきくんの動作が遅くなってきた時などに実行してください。
 最適化後、自動的にけやきくんが再起動されます。

Ver.1.25   更新日:2005.11.6

【発注カードテーブルの変更】
1.コメントの項目追加
【注文データの変更】
1.納品指定日の項目追加
【薬品名検索の機能アップ】
1.薬品名検索から一覧を表示して選択した場合に薬品名を読上げるようにした。
【注文処理の機能アップ】
1.注文時に納品指定日を入力できるようにした。
2.納品指定日をT−NET、Mmnetに送信できるようにした。
3.納品指定日を注文リストに印刷追加した。
4.注文集計表の集計を選択できるようにした。
 注文日、検品日どちらで集計するかを選択できるようにした。
【検品処理の機能アップ】
1.検品日を指定できるようにした。
 検品日を指定した場合に検品日(伝票確認日)の反映と検品結果の表示ができるようにした。
【発注カードの機能アップ】
1.コメント欄の入力を追加した。漢方番号 JPS-17 などを任意に入力します。
2.発注カード印刷時にコメントを薬品名の右下に同時に印刷します。
【レセプトからの薬品使用量読込の機能アップ】
1.レセプトから期間指定して集計した薬品使用データを読み込むことをできるようにした。
 現在までは、一日単位での取込する条件があったため!

Ver.1.24   更新日:2005.10.24

【秤量監査データの変更】
1.レセプトの一日量の項目追加
【秤量監査処理の変更】
1.レセプトから患者選択時に、レセプトと異なる薬品を秤量した時に警告メッセージを表示するように修正した。
2.レセプトから患者選択時に、一日量を表示するようにした。
3.レセプトから患者選択時に、過去の監査記録を参照する内容に一日量も表示するようにした。
【けやきくん自身の自動更新対応】
1.次回のバージョンアップから自動的に更新できるようにした。
 ”新しいバージョンのけやきくんにバージョンアップします。
  更新後に終了しますので再度立ち上げてください。”というメッセージが表示されて自動更新されます。

Ver.1.23   更新日:2005.10.20

【MMnet送信対象外薬品の追加】
1.麻薬(811・812・821)・覚せい剤(115)・覚せい剤原料等の薬品はMMnet対象外にするチェックを追加した。
【システム起動時のチェック】
1.既に起動している時に新たにけやきくんを起動できないようにチェックした。(重複起動チェック)
【システム終了時のチェック)
1.けやきくん終了時のデータバックアップ中に他のPCでけやきくんの
 業務画面が開いている時の警告メッセージをわかりやすい内容に変更した。
【薬品名検索の不良箇所の修正】
1.薬品名検索の後に”W”がJANコードに上書される不良を修正した。

Ver.1.22   更新日:2005.10.12

【システムテーブルの変更】
1.定率値引採用有無(チェック入力)
【得意先テーブルの変更】
1.値引率の追加・・15%引き であれば 15 と入力します。
【薬価設定処理の追加】
1.定率値引採用の場合に納入価格=薬価*(100−値引率)・・切捨て 設定します。
【薬品検索の機能追加】
1.見積り登録処理での見積り薬品検索で新たな検索薬品名による絞込みを追加した。
2.注文登録処理での薬品名検索で新たな検索薬品名による絞込みを追加した。
3.棚卸し処理での薬品名検索で新たな検索薬品名による絞込みを追加した。
【発注登録処理の変更】
1.未検品の薬品があるのに新たに発注しようとした場合に確認のメッセージを表示するようにした。
【検品処理の変更】
1.部分検品の後の検品で正しく検品が行われないバグを正しく修正した。
2.得意先名の入力チェックを強化した。
【薬品の得意先設定のチェック追加】
1.MMnet送信ができる薬品は、薬価収載商品のみとする事にした。

Ver.1.21   更新日:2005.9.22

【システムテーブルの変更】
1.MMnet用副送信元コード(10桁)の追加
2.バックアップ先の追加
【得意先テーブルの変更】
1.MMnet用共通卸コード(9桁)の追加
【発注処理の変更】
1.MMnet用送信処理の追加
【終了処理】
1.バックアップ先を指定している場合は、該当のバックアップ先に行うようにした。
 バックアップ先の媒体状態、バックアップ媒体の空き容量チェックも同時に行います。

Ver.1.20   更新日:2005.8.19

【初期設定の変更】
1.PC番号を追加した。
【秤量監査データの変更】
1.秤量監査データにPC番号を追加した。
【秤量監査の変更】
1.複数パソコンで同時に秤量監査した場合に、まれに管理番号が重複するケースが発生
 PC番号を付与することで対策した。
【パソコン設定の変更】
1.PC番号を設定するようにした。(0〜9)0:はサーバ機
【秤量監査の機能追加】
1.レセプト接続時に現在監査中の患者の過去監査記録を参照できる機能を追加した。
【自動発注処理の変更】
1.本日発注数を1/4、2/4、3/4に変更する機能を追加した。
【終了時のバックアップ処理の変更】
1.曜日別のバックアップフォルダを指定してバックアップするように変更した。

Ver.1.19   更新日:2005.7.7

【得意先テーブルの変更】
1.T−NET用の卸コード、卸サブコードの追加
【注文データ】
1.T−NET用の送信日追加
【システムテーブルの変更】
1.T−NET用のユーザID、パスワード、URL、TELの追加
【注文登録処理の機能追加】
1.T−NET送信ボタンの追加
 注文登録内容の得意先別送信一覧の表示
 T−NET送信の実行

Ver.1.18   更新日:2005.6.04

【バラ入出庫データの追加】
1.バラ入出庫データ、相手先テーブルの追加
【バラ入出庫登録機能の追加】
1.リアル在庫管理でバラの入出庫を登録する機能
 店間移動、処分、小分け販売などでバラを扱う場合に登録します。
【パソコン設定での管理項目追加】
1.電子天秤のメーカを選べるようにした。
 新光電子(DJシリーズ)、エー・アンド・ディ(EW−i、EK−HRシリーズ)
 伝送速度を2400、4800、9600BPSの三種類に変更した。

Ver.1.17   更新日:2005.5.20

【サンヨーレセプト取込テーブルの変更】
1.医療機関コードの管理を追加した。
【秤量監査の変更】
1.レセプトの患者選択画面を変更した。
 ・患者氏名、性別の文字を大きくした。
 ・医療機関名を一覧表示に追加した。
【薬剤マスタ項目の追加】
1.告示名称、個別医薬品コードの追加
【システムテーブルの項目追加】
1.厚生省コード識別の追加
 レセプトから設定されるコードが、厚生省コード、YJコードのいずれかを設定する
【秤量監査の変更】
1.レセプトの厚生省コードを識別により判断して投与日数を表示するようにした。
2.小児のAugsberger式の計算元を常用量→小児最大量に変更した。
【在庫確認表の変更】
1.厚生省コード識別により集計方法を変更した。
【在庫管理機能の追加】
1.現在庫管理表の新規追加
 秤量監査データを薬品使用として在庫連動する機能
 発注点割れの薬品一覧を表示する機能
 発注点割れの薬品の自動発注機能
 棚卸しデータの自動作成機能
2.棚卸し誤差表の新規追加
 棚卸し自動作成後の在庫修正分を誤差表として出力します。
3.棚卸し処理の機能変更
 棚卸し自動作成した在庫数を変更する場合は特定のパスワード入力必須とした。
【自動発注一覧処理での機能追加】
1.色別に表示した。
2.自動発注一覧のEXCEL出力を追加した。
【得意先設定の機能変更】
1.発注・返品・検品・自動発注で得意先未設定薬品の得意先を選定した場合に納入先設定を兼ねることをできるようにした。
【終了時の処理】
1.終了時にシステム及びデータベースの最適化を行うようにした。
2.データ保持する期間を1年→1年2ヶ月に変更した。

Ver.1.16   更新日:2005.4.26

【パソコン設定の追加】
1.テンキー自動表示設定の追加
 タッチパネル採用でテンキーボードを画面に自動表示したい場合にチェックします。
【発注カード印刷レイアウトの変更】
1.左右に薬品名を出力して左右折り曲げて使用、又は片側のみ利用をできるようにした。
【得意先設定の変更】
1.得意先毎に発注カードの背景色を設定できるようにした。

Ver.1.15   更新日:2005.4.20

【発注カード】
1.発注カードを登録するテーブルを新規に追加した。
【棚番データ】
1.棚番を登録するテーブルを新規に追加した。
【発注支援メニューの変更】
1.メニュー内に発注カードを設定する画面を追加した。
 (1)棚番、発注点、印刷選択の項目を入力します。
 (2)印刷選択されたものを発注カードとしてバーコード含めて印刷します。
【棚卸し処理の変更】
1.棚卸し表が棚番、薬品名の順番で出力されます。

Ver.1.14   更新日:2005.3.31

【辞書テーブル】
1.辞書を登録するテーブルを追加した。
【システムテーブル】
1.薬品在庫上限額の項目追加
【パソコン設定】
1.音声出力機能を当システムに組み込んだため、各設定項目を追加した。
【辞書登録】
1.正しく読み上げない熟語を辞書登録する機能を追加した。
2.辞書一覧を印刷する機能を追加した。
3.読上げのテスト機能を追加した。
【薬剤マスタ設定】
1.薬剤名の読上げテスト機能を追加した。
【棚卸し登録】
1.薬品単位の在庫薬価合計>薬品在庫上限額のときに警告を表示するようにした。
【レセプトの患者一覧の表示】
1.患者カナ名を色を付けて現在カーソル位置をわかりやすくした。
【タッチパネル対応】
1.ボタンタッチで全て動作するようにした。
2.テンキーボード、スクリーンキーボードの入力をできるようにした。

Ver.1.13   更新日:2005.3.10

【発注管理テーブル】
1.月発注数を管理するテーブルを追加した。
【月別発注係数テーブル】
1.月毎に発注量の変化を事前に設定するために追加した。
【充填先テーブル】
1.新たに独自コードを登録して充填先コードとして管理するために追加した。
【月間発注量設定処理の追加】
1.月間発注量の登録を行います。
【自動発注一覧処理の追加】
1.当月発注一覧を表示させて発注指示ができるようにした。
2.不動在庫の管理をできるようにした。
【常用量管理の変更】
1.常用量登録処理で常用量上書禁止項目を追加して独自の常用量を保持できるようにした。
【検品処理の追加】
1.注文伝票の確認チェックを検品処理として新たに追加した。
【見積り処理の変更】
1.納入価格のクリア方法を変更した。
【三菱専用薬品テキストの取込追加】
1.レセプトコンピュータから取り出した薬品テキストの取込をメニューに組み込んだ。
【秤量監査の変更】
1.患者様氏名カナ・漢字の印刷を追加した。
【充填監査の変更】
1.1画面で一薬品の充填監査をするように変更した。
2.充填監査記録を印刷できるようにした。
3.充填先を独自コードに変更したため、新たに充填先を登録する処理を追加した。
4.充填先バーコードの印刷機能を追加した。
5.充填元と充填先の関連性を持たせ異なる場合に警告を促すようにした。

Ver.1.12   更新日:2005.1.3

【メニュー設定→パソコン設定に変更】
1.新光電子計量器の設定、RS232Cの設定、計量器との接続テスト処理の追加
2.風袋最小重量、測定最小重量、計量器取込方法の設定追加
【新光電子計量器の設定変更】
1.はかり本体の機能(ファンクション)設定が必要になります。
 出力制御を6oc2(安定時連続出力)又は6oc7(プリントキー出力)に設定します。
 伝送速度を7bL3(4800bps)に設定します。
【秤量監査処理の変更】
1.薬品用量の測定時、計量器のプリントボタンを押下せずに取り込めるように変更
 最終計量後に、薬品を取り去った時点で自動的に取り込むようにした。
 キーボードからの直接入力も可能にした。
2.分包総重量入力ボタンで新たにポップアップウインドウを表示するようにした。
 新たな画面に、計量した重量より自動的に分包数の計算結果を表示できるようにした。
 計量器に薬品量を変更する度に再計算して表示します。
【レセプト薬品使用量読込】
1.サンヨーで出力した薬品使用量集計結果データの読込ができるようになった。
 レセプト機でMcos005.txtをFDに出力して、それを読み込むことになります。
【メニュー終了時の秤量監査データの削除】
1.秤量監査データの保持期間
 現用の秤量監査データ・・・90日間(システム設定画面で変更可)
 過去の秤量監査データ・・・365日間(システム固定)

Ver.1.11   更新日:2004.12.8

1.サンヨーレセプトとの連動ができるようになった。
  【システムテーブルのフィールド追加】
1.レセプトメーカーコードの追加
【レセプト取り込みテーブルの追加】
1.s_syoho_tbl,s_syoho_mei_tbl の追加
【システム設定画面の変更】
1.レセプトメーカーの入力追加
【秤量監査処理の変更】
1.サンヨーレセプトとの連動機能追加。
 レセプト連動した場合、患者氏名漢字、かな名、性別、生年月日、年齢、
   薬品の処方日数を自動的に取り込む事が可能になりました。

Ver.1.10   更新日:2004.11.17

【分包監査データのフィールド追加】
1.患者カナ名、患者漢字氏名、年齢、体重の追加
【分包監査データ詳細のフィールド追加】
1.投与日数、常用量下限、上限の追加
【薬価マスタのフィールド追加】
1.常用量、小児常用量、成分含量、体重換算薬用量、換算単位、禁忌年齢、コメント1,2,3,4,5の追加
【システムテーブルのフィールド削除・追加】
1.FTPサーバ名を削除、全量監査有無、小児監査有無の追加
【レセプト取り込みテーブルの追加
1.T_MEISAI,T_YKHN,T_YOHO テーブルの追加
【常用量監査用テーブルの追加】
1.年齢テーブル、体重テーブル、日数テーブル、体重換算テーブルの追加
【秤量監査】・・機能追加
1.レセプトとの連動機能追加。
2.常用量監査の機能追加。
【注文処理】・・機能変更
1.メモ入力後に注文を入力しないで終了した場合の不具合を修正。
2.注文明細を入力した場合は注文数入力をスキップして次の行に進むように変更!
【見積り確定処理】・・機能変更
1.薬価の取り込みと更新処理を削除した。
【納入価格設定】・・新規機能
1.見積りで単独で納入価格等を設定するときに利用する。
【常用量管理メニュー】・・新規機能
1.常用量登録、年齢、体重、日数、体重換算テーブルの登録処理の追加
【EXCEL出力】・・機能追加
1.EXCELに出力した内容を色づけ、列幅の変更、各編集の追加、罫線追加
 合計行追加、列見出しのデータ反映などを付加した。
 対象エクセル:見積り比較表、棚卸し表、各社見積り、採用決定薬品、薬剤マスタ
【自動更新時のセキュリティチェック】・・新規機能
1.差分自動更新時にサーバに接続した後にチェックに通った場合のみ自動更新できるようにした。
【メニュー表示項目の選択】・・新規機能
1.動作パソコン毎に実行できるメニューを選択できるようにした。

Ver.1.09   更新日:2004.7.29

【薬品使用量テーブルの追加】
1.レセプト側から取り込むデータを格納する。
【注文データ詳細の変更】
1.注文伝票確認、注文伝票確認日の項目を追加
【注文登録】
1.注文確認有無の入力追加
2.伝票未確認一覧(F9)の追加
【注文伝票未確認一覧の追加】・・新規機能
1.注文伝票未確認一覧を表示して確認のチェックを行います。
【薬品在庫確認メニューの追加】・・新規機能
1.薬品使用量読込処理の追加
2.在庫確認表の追加
【自動更新確認処理の変更】
1.差分更新結果の更新履歴をFTPサーバにアップロード(返信)する機能を追加
【見積り処理での得意先別採用決定医薬品一覧出力の追加】・・新規機能
1.得意先別採用決定医薬品一覧の印刷、表示、EXCEL出力の追加

Ver.1.08   更新日:2004.7.19

【薬剤マスタ】
1.規格あたりの薬価を追加
【薬価マスタ】・・新規追加
1.厚生省コード、規格薬価、規格薬価旧 の追加
【全体】
1.画面内の文字を大きくした。
2.薬品名表示が狭くなった為、詳ボタンを追加して薬品詳細が確認できるようにした。
3.入力項目の見出しの色を黒のリバース表示にした。
【見積り用EXCELデータ作成】
1.包装薬価(注文単位)を設定するようにした。
【注文リスト】
1.薬価欄の追加
【注文集計表】
1.薬価欄の追加
【返品リスト】
1.薬価欄の追加
【差分読込処理】
1.JANコード追加時に既に厚生省コードが存在すれば薬価を自動的に設定
2.薬価最新データの取り込みもできるようにした。
【自動更新確認処理】
1.JANコード追加時に既に厚生省コードが存在すれば薬価を自動的に設定
2.薬価最新データの取り込みもできるようにした。
【各種処理に薬価設定処理の追加】・・新規機能
1.薬剤マスタに旧薬価、又は新薬価の設定をし直す機能を追加!

Ver.1.07   更新日:2004.6.30

【返品データ詳細の追加】
1.返品伝票確認、返品伝票確認日の追加
【更新履歴の変更】
1.取り込みファイルの長さを50→255バイトに増やす。
【得意先テーブル】
1.得意先コードを数値に戻した。
【パスワード入力】
1.LAN接続でクライアントPCの一番初めのメニュー起動時に
 データサーバの共有フォルダ入力及びリンク設定の追加。
【秤量監査登録】
1.管理番号をLAN対応版に変更
【充填監査登録】
1.充填一覧表出力の追加・・新規機能
【見積り結果読込】
1.薬価、見積り金額が未入力(空白)でも処理できるようにした。
2.一部の得意先だけの追加見積りが有った場合の対応を正しく処理できるようにした。
【見積り確定処理】
1.見積り確定実行直前に前回見積り確定した情報をクリアする処理を選べるようにした。
【注文登録】
1.管理番号をLAN対応版に変更
2.薬品検索を追加した。
【返品登録】
1.返品確認有無の入力追加
2.伝票未確認一覧(F9)の追加
3.管理番号をLAN対応版に変更
【返品伝票未確認一覧の追加】・・新規機能
1.返品伝票未確認一覧を表示して確認のチェックを行います。
【返品検索】
1.返品伝票確認、返品伝票確認日の追加
【棚卸し処理】
1.最新納入価取り込みボタンを追加しました。
2.既に登録済みのJANコード入力時は、修正するかどうか確認画面を出すようにした。
 修正を選んだ場合は該当行に進み、包装単位在庫数に位置づけるようにした。
3.薬品検索を追加した。
【薬剤マスタ設定】
1.横スクロールでID、JANコード、販売名の列を固定しスクロールしても見えるようにした。
【得意先設定】
1.得意先コードの表示を追加して1〜6を削除できないようにガードした。

Ver.1.06   更新日:2004.6.14

【薬剤マスタの変更】
1.厚生省コードの追加
2.更新年月日の追加
【分包監査データ詳細の追加】
1.単位の追加
【分包監査データ詳細_OLDの追加】
1.単位の追加
【システムテーブルへの追加】
1.分包監査出力有無の追加
2.レセプト共有フォルダ名の追加
【新規テーブルの追加】
1.返品データの追加
2.返品データ詳細の追加
【秤量監査登録】
1.前日以前のデータに対して修正・削除を行った場合は確認メッセージで応答するようにした。
2.単位を入力変更できるようにした。
【充填監査登録】
1.前日以前のデータに対して修正・削除を行った場合は確認メッセージで応答するようにした。
【見積り用EXCELデータ作成】
1.販売会社をEXCELデータに追加
2.包装総量単位をEXCELデータに追加
【注文登録】
1.注文集計表の機能追加
2.検索項目にJANコード、得意先の追加
【返品登録処理の追加】・・新規機能
1.返品登録処理、返品検索、返品リスト
【秤量監査過去データ検索】
1.単位の表示追加
【その他】
1.メニューのファンクション操作で遷移する機能を追加した。
2.見積りメニューのファンクション操作で遷移する機能を追加した。
3.各種メニューのファンクション操作で遷移する機能を追加した。

Ver.1.05   更新日:2004.5.24

【自動更新確認処理】
1.差分ファイルの受信フォルダの格納先をインストールフォルダ直下のsabunフォルダに変更した。
 今までは同一フォルダの為、管理上煩雑になる欠点があった。
【バックアップ機能】・・新規機能
1.バックアップデータをシステム終了時に実行するようにした。
 バックアップデータはインストールフォルダ直下のbackupフォルダに格納されます。

Ver.1.04   更新日:2004.5.20

【注文データの変更】
1.管理番号:オートナンバー→数値
2.注文日:重複無し→重複有り
【システムテーブルの変更】
1.包装紙重量、包装紙重量単位
 ネット接続有無、FTPサーバ、ユーザID、パスワード、発注書金額出力有無、秤量データ保持日数の追加
【得意先テーブル】
1.得意先の追加をできるようにした。
【秤量監査登録】
1.包装紙重量、包装紙重量単位の設定をできるようにした。今までは0.5g固定だった。
【注文登録】
1.前ページ、次ページ、新規ファンクションの追加
2.検索を日付検索→登録データ検索に変更した。
3.同一注文日で別管理番号で登録できるようにした。
4.得意先の入力チェックをはずした。
5.発注書の納入価格を出力する/しないが選べるようになった。
6.注文日を当日デフォルト値として表示するようにした。
【見積り薬品登録】
1.全件削除のボタンを追加した。
【棚卸し処理】
1.検索画面を追加した。
【薬剤マスタ設定】
1.内容を変更した場合、更新するかどうかのメッセージを表示するようにした。
【薬剤マスタ差分読込処理】
1.同一JANコードで更新した場合に得意先のクリアを中止した。
【自動更新確認処理】・・新規機能
1.ネット接続有りにした場合にFTPサーバより差分ファイル
 を自動的に受信して同時に薬剤マスタ更新をする機能を追加した。(Ftp32.dll採用)
【秤量監査データの過去データ移行】・・新規機能
1.システム設定で設定した秤量データ保持日数を過ぎた過去のデータは、過去用の
 データベースに移行して現用の秤量監査データは常に保持日数分のみの管理とした。
2.過去のデータは各種処理メニューより秤量データ検索(過去データ)で内容の参照が可能である。
3.過去データ格納DB(散薬監査_data_old.mdb)の追加
【共通】
1.EXCELの読込、書込ファイル名のデフォルトを表示できるようにした。
2.画面毎にヒント?(ヘルプ)を表示した。

Ver.1.03   更新日:2004.5.15

【充填監査登録】
1.充填先の入力を追加(復活)しました。
2.3行ぐらい表示して新規レコードにいくようにした。
【薬剤マスタ設定】
1.項目の並び順を変更して主に設定する項目を前にした。
【見積り薬品登録】
1.3行ぐらい表示して新規レコードにいくようにした。
【その他】
1.日付の脇に曜日を表示するようにした。
2.分包監査→秤量監査に表示変更した。

Ver.1.02   更新日:2004.5.5

【分包監査登録】
1.検索機能(F7)を追加しました。
2.分包総重量数の計算の集計ミスを修正しました。
【充填監査登録】
1.薬剤マスタ登録されているJANコード入力に変更しました。
【注文登録】
1.発注書をB5横からA4縦に変更しました。
【各種処理】
1.充填マスタの設定を削除しました。
2.薬剤マスタ差分読込で既に読み込んだ差分ファイルを読み込まないようなチェックを追加しました。

Ver.1.01   更新日:2004.5.5

【分包監査登録】
1.時刻を1行単位の表示に変更した。
2.担当薬剤師の入力を追加した。
3.分包総重量数の入力(F9キー)を追加した。
4.分包数計算値表示を追加
5.担当薬剤師、分包総重量数、分包数計算値の印刷追加
6.充填監査の呼び出し追加